So-net無料ブログ作成
映画・ビデオ ブログトップ
前の10件 | -

『コードギアス 反逆のルルーシュ 興道』と『亜人』を観てみて。 [映画・ビデオ]

あまり忙しく無かったから、午後の仕事をサボって(笑)映画を観に行くことにした。
しかも、結果的に2本連チャンで。

『亜人』だけ観ようと思ったんだけど、それまでの空いた時間が『コードギアス』の時間とちょーど良かったので。

って事で『コードギアス』から。



ストーリー、、、
ブリタニアの皇子であったルルーシュは母の殺害から、捨てられるように日本にて妹と暮らしていた。
その後、日本はブリタニア王国の人型ロボット“ナイトメア”にて占領され、イレブン国(11番目の占領地)となった。
ルルーシュは妹の幸せのみを掴み取るため、知略と偶然手に入れたギアスの力で革命軍のリーダー“ゼロ”としてブリタニア王国に反旗を翻す。

感想、、、
11年程前にシーズン分けされて50話放送されたアニメ。
最終話でメッチャメチャ泣いたは今でも忘れられない。
今回はその50話を3部作に分けた第1部。

正直細かい設定は憶えてない。
かなり端折られてるはずだけど、上手くまとめられてたと思う。
中でも学園生活は殆ど端折られてる。
だから、シャーリーとの絡みが少ない。
これは後の悲劇にも繋がるので、シャーリーとの思い出はもっと描いて欲しかったな。

今回はルルーシュの行く手を阻む白いナイトメア“ランスロット”のパイロットが親友スザクである事を知ったところで終わる訳ですが、ラストを考えるともう涙が、、、

帰りには2部目のムビチケを購入。
観るって決めてれば、第1部のムビチケも買っとけば良かった・・・。

って事で、“上”です。
ちなみにこの作品のキャッチコピーは、、、
解らなかった・・・。


んで、そのまま『亜人』へ。



ストーリー、、、
世界でも48人。日本でも2人しか確認されていない“亜人”。
死に至ると全ての傷を治し生き返る人ならざる人。

不慮の事故で死んだ永井は行き返り、自身ですら知らなかった“亜人”である事を知る。
国に保護された永井であったが、そこは亜人で死の実験を繰り返す極秘施設だった。

同じ亜人の“佐藤”と“田中”に助け出された永井であったが、佐藤は人間全てに復讐を目論むただの殺戮者だった。

永井は自由を手に入れるため、佐藤と対峙する。


感想、、、
漫画は最初しか読んだことが無く、ずっと読みたいなぁと思っていたら去年くらいにアニメをやったので観た。
アニメは中々面白かった。
中でも、佐藤役の声優である大塚芳忠がとても良い味出していた。
そんなんで佐藤のキャラを気に入ってたわけだが、その佐藤の目の細さと今回の実写化の佐藤役の綾野剛の目の細さがとてもハマってたので、今回映画を観ることとした。

そんな綾野剛の佐藤だが、気のせいかアニメの大塚芳忠の佐藤をとても意識してるように思えた。

映画は良くも悪くもストーリーは殆ど無く、アクションメインの映画だった。
1部だけで終わらすなら、個人的にはありだと思った。

そんなメインのアクションも結構格好良かったです。

なので、上の方の“中”でした。

ちなみにこの作品のキャッチコピーは、、、
「命を繰り返す新人類のエンドレスリピートバトル」なのかな。

nice!(0)  コメント(0) 

『トランスフォーマー 最後の騎士王』を観てみて。 [映画・ビデオ]

8月に観てきたものを、今更だが更新。



ストーリー、、、
オプティマスプライムがサイバトロン星へ旅立ち数年。
地球では、トランスフォーマー達は異星人と扱われ迫害されていた。
ケイド・イエーガーはトランスフォーマー達を守りながら力を合わせ、メガトロン達と戦っていた。

オプティマスは、滅びの一途をたどるサイバトロン星にて創造主と会うが、地球を犠牲にしサイバトロン星の復活を目論む創造主に操られてしまう。

地球の運命は、、、


感想、、、
前作の続きなのだが、憶えていない・・・

今回はあまりオプティマスは活躍しない。
結構、人類が活躍したのでは。

オプティマスが全く車にトランスフォームしなくて残念と思いきや最後の最後で変形。
最近、ラストまで“タメ”が多いな。

いつもグチャグチャで何をやってるか解らないシーンが多いが、今回はスローなシーンも多く見やすかった。

って事で全体的に普通だったので“中”。

既に次回作も決まっているようで。

ちなみにキャッチコピーは、、、
「それは本当にヒーローなのか?」かな。
nice!(0)  コメント(0) 

『パイレーツ・オブ・カリビアン~最後の海賊』を観てみて。 [映画・ビデオ]



ストーリー、、、
かつて、デイヴィー・ジョーンズとの死闘の末、カリプソの呪いにより死者の送り人となったウィル・ターナー。
ヘンリーは父の呪いを解く為に、最後の海賊だけが見つける事が出来る“ポセイドンの槍”を探す。
そして、その宝の“見えない地図”を持つ天文学者のカリーナ。
魔のトライアングルにて呪われし者サラザール。
すべては、ジャック・スパロウと共に巡る。
そして、バルボッサと共に。


感想、、、
面白かったです。

1番感動したのがラストシーン。
ウィル=オーランド・ブルームは、オープニング早々から出番だったのですが、エリザベス=キーラ・ナイトレイは出て来ない・・・
ラストのウィルの呪いが解けて、感動の親子再会シーンにも出て来ない、、、
と思いきや、エリザベスが!!!
愛し合う2人の再会の急な演出にちょっと泣いちゃいました。

オープニングでコメディシーンがあったのですが、それ以降は少なく感じ、物足りなかったかな。

カリーナとバルボッサの関係は急展開過ぎてた。
戦のラストシーンを飾る為の展開で、無理矢理バルボッサを殺してしまったような気がした。
エンドロール後にデイヴィー・ジョーンズ(?)の亡霊のようなシーンがあり、続編が期待されるところだが、ここまで来るとそれにバルボッサがいないのは寂しい。
でも、またバルボッサが生き返るのは、やり過ぎだと思う。
なので、死んで欲しくなかったかな。

隣で観ているオバサンが、コメディシーンでは手を叩いて笑ったり、エリザベスとウィルのシーンで泣いてたりと少しやかましかったが、それくらい映画を楽しめるなんて羨ましかった。
自分もそうありたい。

色々ありましたが、やっぱり面白かったので、“上”。

ちなみにこの作品のキャッチコピーは、、、
「ジャック・スパロウ  今度はお前が死ぬ番だ」
って、昔1度死んでるよね・・・

『ローガン』を観てみて。 [映画・ビデオ]

サボってますな・・・

映画も全然観てなかったんだけど、久しぶりに。

ストーリー、、、
ミュータントが生まれてこなくなった近未来。
年老い生きながらえているチャールズ。
そして、共に生きている不死身はずのローガンにも傷や老いが、、、

そこに突如現れた少女は不死身の能力とアダマンチウムの爪を携えていた。


感想、、、
流石、ウルヴァリンのサイドストーリーシリーズ。
面白くなかった・・・

全然ミュータント出て来ないから、X-MENらしさの奇抜アクションは全然無いし、ローガンも弱ってるからやられまくるし。

チャールズは殺されちゃうし、ローガンも死んじゃう。
この2人の死ぬシーンは見たくなかった。

そして、ローガンの老いや傷の原因がアダマンチウムの毒素って、、、
何だよその設定・・・

子供もよくあるパターンのクローンみたいなものだし。(今回は精子バンクか?)
ミュータントが生まれなくなったのは、マッドサイエンティストが“そう言う薬を世の中の食べ物に少しづつ混ぜてたから”って、、、
あまりにも軽い設定に衝撃的だった。

ただの人間とのドンパチ映画でした。

なので、下でした。
(今回から「上」「中」「下」のシンプルにしてみる。)

ちなみに、この映画のキャッチコピーは、、、
「少女と刻んだ、最後の爪跡」
ローガンも死んだので、これで長年続いたヒュー・ジャックマンのX-MENシリーズも完結かな。

個人的にはウルヴァリンは出てなかったけど、チャールズとエリックの友情を描いたファーストジェネレーションが一番好きだった。

『攻殻機動隊 ゴースト・イン・ザ・シェル』MX4Dを観てみて。 [映画・ビデオ]



ストーリー、、、
人の機械化が進み、脳で直接情報交換を行える電脳世界。
公安9課に所属する“少佐”は、殺人事件を追う内に、事件は自分の“出生”に関わる事が判明する。


感想、、、
もちろん神山版『攻殻機動隊 S.A.C』シリーズが大好きです。
なので、日本語吹き替え版を観ました。
田中敦子、大塚明夫、山寺宏一と最高です。
でもだからこそ、色々と残念感のある作品でした。

何より一番残念だったのが、メインストーリーでした。
“少佐”がどのようにして生まれたをメインストーリーにしてしまったことです。
素子は完全無欠観があるので、人間の精神的な感情が見え隠れして残念でした。
普通にサイバー事件を追って欲しかった・・・

他に、ココが勿体なかったなぁと思うのが、、、

サイトーの狙撃シーンがあるですが、距離が近いし、、、
「そこは衛星使ってくれよ!!!」
っと言いたくなってしまったり、敵にハッキングされるのですがその対処をトグサがやったりするのですが、、、
「そこはイシカワの役目だろ!!!」
そして、そのトグサにはもっとイケメン使ってくれぇ。
せっかくの山寺さんの声がもったいなさ過ぎる。
韓国系?だったけど、欧米人でいいのに、、、
バトーは見た目が予想以上に合っていたので、声優とマッチでした。
バトーはキャラ設定もアニメと同じ感じで一番良かったかな。
声優と言えば、たけしにも吹き替えを!!
ただ視聴者の殆どは脳内で勝手に吹き替えをしていたと思うが(笑)


世界観やグラフィックはとても良かったです。
なので、アニメを意識しすぎてしまうのかもしれないが、そのグラフィックで電脳通話で色んなところにアイコン出る視覚をやって欲しかった(泣)
せっかく3Dなのに(泣)

なので世界観や声優は良かったのですが、ストーリーが残念だったので、6点。

ちなみにこの作品のキャッチフレーズは、、、
「私を作った奴らに私を止めることは出来ない。」
だそうです。

最後にMX4Dを初めて体感したのですが、アトラクション性が強くて映画に集中出来ません。
風はまだしも、水しぶきと煙は邪魔です。
3D眼鏡も水しぶきで、、、
痛快アクションなら合うかもしれませんが、1300~1400円も追加料金払ってはもう観ないかな。

そういや、神山版の新シリーズ作るらしいね。
期待します。

『きみがぼくを見つけた日』を観てみて。 [映画・ビデオ]

仕事忙しや、インフル流行るは、、、
ブログサボるは、、、
そんなんで映画レビューです。



ストーリー、、、
幼い頃に時間移動の力が発動してしまったヘンリー。
その力は、自分の思い通りにはならず、時間も場所も、そして発動するのも自分の意志とは無関係。

ある日、偶然にもヘンリーの事を知る女性クレアと出会う。
クレアは、幼い頃より未来のヘンリーが出会っていた女性であり、2人はすぐに恋に落ちた。

結婚し幸せな生活を送る2人だったが、ヘンリーの無差別な時間移動は、2人の時間を遠ざけてしまう。

そして、2人の未来は、、、


感想、、、
話のメインは、タイムトラベル先で起こる事では無く、タイムトラベルによって不在となる家族の物語。
邦題はコレですが、原題は『The Timetraveler's wife』と、直訳すれば「時間移動者の奥様」となるので主人公はクレアの方なのかもね。

この手のタイムトラベラーのオチは、確実に主人公の生死に関してなので、ちょっとありきたりでしたが、鉄板ネタにちょっとホロリ。
やっぱり子供ネタ出されちゃうと泣いちゃうよね。

最後は、どんな逆境にも乗り越えて行ける家族愛があって良かったです。
なので7点。

ちなみにこの作品のキャッチは、、、
よく分かりませんでした、、、

『39歳からの女性がモテる理由』を観てみて。 [映画・ビデオ]



ストーリー、、、
離婚してシングルマザーとなっていたジャッキーは友人より誕生日プレゼントされたハワイ旅行を満喫していた。
そこで、サーフィンのインストラクターをしている年下の男性カイルと恋に落ちる。
カイルとは一夜限りの事と思い、いなくなったカイルを忘れようと思ったが、カイルはジャッキーの誕生日を祝うために再び戻ってきてくれた。
2人は遠距離恋愛を続けていたが、年齢的に自信を持てないジャッキーは、その恋を終わらせようとしていた。
2人の恋の行方は、、、

感想、、、
主演の40歳役を務めたヘザー・ロックリア、撮影時47歳だったそうです。
年齢の割にはナイスバディなのは、お金がかかっているようですね。

また、カイル役のロバート・バックリーこれまたナイスバディのイケメンですね。
海がよく似合います。

とか何とか言っときながら、これも随分前に観たもので、あまり記憶無しです。
でも、面白かった記憶は残ってます。
なので、7点。

ちなみにキャッチコピーは、、、
わかりませんでした。

『オブリビオン』を観てみて。 [映画・ビデオ]

風邪引いて、更新サボってます・・・



ストーリー、、、
60年前、地球は異星人“スカヴ”の侵略に対抗するために核兵器を使用した。
残った地球人は、土星の衛星タイタンと宇宙ステーション“テット”に移住した。
地球には、スカヴの残党を粛清するマシーン“ドローン”のメンテナンス要員として、ジャックとヴィクトリアの2人だけがいた。

ある日、宇宙船が墜落した。
そこにはコールドスリープにて生き延びる人間がいたが、ドローンは人間を攻撃し殺してしまった。
ジャックは生き残ったジュリアを助け出すことは出来た。

その後ジャックはスカヴにさらわれ、スカヴは地球人であり、テットこそが侵略者の事実を知る。


感想、、、
去年の夏に金曜ロードショーでやってたのを今頃観ました。

途中から所々先読み出来ちゃう作品でした。

個人的に世界観が最初受け入れづらかった。

最後はテットがバカなのか、簡単に敵を迎え入れ、爆破されちゃいます。
今更、生き残ったジュリアを確認してどうするつもりだったんだろう・・・

正直、コレと言って見所が見付からなかった。
なので、5点。

ちなみにこの作品のキャッチフレーズは、、、
「この未来は誰も予想できない。」
だそうです。

『言の葉の庭』を観てみて。 [映画・ビデオ]



ストーリー、、、
靴職人を目指す15歳高校生のタカオは雨が降ると学校をサボり、公園で靴のデザインを書いていた。

ある雨の日、いつもの場所へ行くと何か悩みを抱えている1人の女性ユキノがいた。
雨が続き、やがて梅雨となりいつの間にか2人の距離は近づいていった。

だが、梅雨は明け2人が会うこと無くなったある日、学校へ行ったタカオはユキノと出会う。
タカオは初めてユキノが自分の学校の教師であることを知った。

ユキノは生徒との問題で教師を辞めることを決めたのだった。


感想、、、
『君の名は』で有名な新海誠監督なので観てみました。
以前に「秒速5センチメートル』や「星を追う子ども』も観たので、いづれどこかでレビュー出来たらいいかな。

背景がとても綺麗でした。
全体的にゆったりとした世界観とストーリーでしたが、時間が50分くらいの作品でしたので、飽きずに観られました。

少年が大人へと一歩近づく話なんだと思いますが、40過ぎのオジサンが観ると15歳の少年はどう転んでも幼く見えた。
10代向けの映画なのかな・・・

やっぱりアニメは痛快活劇がイイね(笑)

なので今回は、5点。

ちなみにこの作品のキャッチフレーズは、、、
「“愛(あい)”よりも昔、“孤悲(こい)”のものがたり」
だそうです。
ユキノが古典の先生で、、、
孤悲は恋に掛かってるのは分かるけど、愛は何によって掛かってるんだろう・・・
古典は意味が分からなくて、嫌いな教科でした(汗)

『紙の月』を観てみて。 [映画・ビデオ]



ストーリー、、、
普通の主婦である梅沢梨花は、銀行の営業として働いていた。
一見仲の良い夫婦に見えるが、梨花の気持ちを夫は全く理解していなかった。

いつの間にか顧客の孫と不倫関係となった。
そして、不倫相手の学費の為に、顧客の金に手を付けてしまう。
その後も次々と罪を重ねる。

しかし、その気持ちは幼き頃からの歪んだ奉仕の気持ちから生まれたものであった。


感想、、、
好きな女優 宮沢りえ主演と言うことで観ました。
過去には、これまた好きな女優 原田知世でドラマ化されてたんですね。

真面目な女性が犯罪に手を染めていく様は、観ていて何だか居たたまれなくなります。
なんかとても身近に感じて、リアルで怖い。
それを和らげてくれている(?)のが、音楽でした。
所々軽快な音楽が流れ、少しコミカルに作られたミステリー(?)でした。

同僚役に小林聡美が出てるのですが、役の迫力があって、やっぱ小林聡美凄いね。

最後はまさかの国外逃亡ってのも、なんかコミカルに感じて良かったです。
そこで、幼き頃の歪んだ奉仕の原因(って訳では無いが)の人と出会い、「私の奉仕は間違って無かったんだと思った」であろう梨花の表情(←全て俺が勝手に解釈しただけ)もオチとして良かったです。

そんなですが7点です。

ちなみにこの映画のキャッチフレーズは、、、
「最も美しい横領犯」
だそうです。
前の10件 | - 映画・ビデオ ブログトップ